<   2010年 11月 ( 26 )   > この月の画像一覧

窯焚いてます!

今朝はとっても朝焼けが綺麗でした。
ピンクとブルーと白のグラデーションが何ともいえない感じ
毎日朝日を見れるような生活には憧れますがなかなか早起きできないんですよねぇ...

さて、今日は窯を焚いています。
b0205379_1618750.jpg

順調に温度があがってくれるといいのですが。
by qiuto | 2010-11-29 16:20 | 陶芸

美しいモノ

今日とても素敵で美しい佇まいの建物の写真を見ました。
本当に美しいものは時がたっても古さを感じさせず美しさが色あせることはないのですね
普遍的に美しいものは奇をてらったものではなく誰が見ても良いと思える佇まいがあるような気がします。ただ普通に美しい事は大事だなぁ。器もおんなじですね。
by qiuto | 2010-11-28 19:58

メダカ鉢

今日はとってもいいお天気でお出かけ日和ですね。
銀杏並木とかを歩きにいきたい感じです!!
ですが、今日は釉掛けと窯詰め。もりもりお仕事です。
先日和歌山で焼いて来たメダカ鉢
b0205379_12415154.jpg

ウォーターマッシュルームを入れてみました。
肝心のメダカはまだいないのですが..........
by qiuto | 2010-11-27 12:43 | 作品

にょきにょき

今日は教室の合間に昨日焼いた素焼きの窯出し。
ほっこりとあったかいです。
おかげでアトリエの中もやんわりと暖かく暖房いらず。
夏は窯をたくと熱さでうんざりな感じですが冬はあったかで嬉しいですねえ
b0205379_154361.jpg

さて、この多肉植物、以前頂いた物なのですが留守にしている間にいつの間にかにょきにょきとでてきました!!花が咲いてくれるのでしょうか?楽しみです
by qiuto | 2010-11-26 15:08

素焼き

昨日の自転車通勤ですっかり筋肉痛です......
でも、今日の朝満員電車に揺られていたら、やはり自転車の方が気持ちいいし、すっきりと仕事が始められるので、これからもたまには運動がてら自転車通勤してみようかと思いました。
しかし!!!!最大の敵は寒さです!!!!防寒グッズを買わないとですね
そして今日は素焼きしています。
b0205379_1232353.jpg

窯って何だかすっとぼけた顔みたいですねぇ
by qiuto | 2010-11-25 12:06 | 陶芸

ママチャリ号

普段は、徒歩と電車で40分かけて通勤しているのですが、今朝はちょっとかわいいお気に入りの赤いママチャリで通勤!!
1時間半くらいかかるのかなぁと思っていたのですが1時間で着きました
すいすい走っていると、はじめは寒かったのですがだんだん暖かくなって来て、電車に揺られてたくさんの人を見ているよりも断然気持ちよく!!何だかすっきりと一日が始められそうです!
by qiuto | 2010-11-24 08:43

今日もろくろくるくる

午前中はとってもいいお天気でお出かけ日和でしたね
今日も、教室の合間に注文の鉢をろくろでくるくる
b0205379_193625.jpg

出来るだけ薄くということでしたので、こんな感じにひいてみました。
by qiuto | 2010-11-21 19:40 | 陶芸

ウミガメの卵?!

b0205379_14224596.jpg

ウミガメの卵?!ではないんです........
今日は昨日調合した釉薬をポットミルにかけていたのですが、その中身です。
釉薬は原料が粒子が粗いのでミルにかけてすりつぶすのですが、いつもこのボールを見るたびにウミガメの卵っぽいよなぁ。。。なんて思ってしまいます。
b0205379_1427551.jpg

このポットに釉薬とボールを入れてぐるぐる回して、釉薬をすりつぶすのですが、ガラガラごろごろとかなりうるさく、やっとその音から解放されました!!!!
これで、気分よく削り作業ができます。
by qiuto | 2010-11-20 14:31 | 陶芸

ろくろくるくる

今日は午前と午後と陶芸教室
とても集中して前回作った器達を削っていました。
私も教室の合間に、釉薬を調合したり、試作をしたり。
しばらくいなかったので、結構やる事がたまっていて.......
今日は、これから昨日と一昨日にくるくるろくろをまわした器達を削ります。
久々にろくろをまわしたらやっぱり面白く、好きな事を続けられるのはありがたい事ですね!
by qiuto | 2010-11-19 16:01 | 陶芸

自然の恵み

今日は日差しが気持ちいいですね。
和歌山でたくさんお野菜を頂いて来たので、お昼は頂いたカボチャでカボチャスープにしました。
旬のとれたての物をおいしく頂く!最高の贅沢です。
修業時代はいつの間にかそんな生活が当たり前になっていましたが、東京にいるとそのありがたみがよくわかります。ちなみに和歌山での一年間は、こんな感じでした。
4月、朝一番に師匠の家の横にある竹林でとれたほりたてのたけのこを大きな釜ですぐに湯がいたアクがなく、やわらか〜いたけのこをたくさん食べました。
b0205379_13113254.jpg

その他山菜採りも!
5月、お茶の新芽が出て来たら茶摘みをして、葉っぱをいって、師匠が茶揉みをして、干して番茶を作ります。師匠の自宅にあるお茶の木
6月、梅干し作り
b0205379_13152936.jpg

8月、ミツバチの巣をきって蜂蜜の収穫!!!
10月、松茸とりに山登り!!!(とれた事はないのですが........山に登るのは気持ちよかったです。)栗ひろい
11月、今回師匠の自宅で椎茸を作っていました。肉厚でとってもおいしかったです!
b0205379_13232244.jpg

12月、干し柿や切り干し大根を作ったり、師匠はこの時期よく白菜の漬け物をつけたりたくあんを作ったりしていました。
1月、味噌作り。
年間通して、畑でとれたお野菜をいただいたりと一年を通し、たくさんの自然の恵みを頂いてきました。本当にありがたいですね!!!
by qiuto | 2010-11-18 13:34

小出麻紀子が陶芸の事、日々の事等をおとどけします


by qiuto